ネクスガードでノミダニを気にしない生活に!

\90秒で注文完了/ネクスガードの購入はこちら

ペットの画像 愛犬や愛猫への寄生虫は飼い主にとって気をつけなければならない事の一つとなっています。

そうしなければ、何気ない散歩道で気が付くと寄生されてしまっていたなんて言う事もあります。

ノミやダニはよく聞くし寄生されてもそこまで大きな問題にならないと考える人もいるでしょう。もちろん、大きな問題になるケースというのは非常に小さいですが寄生されることで、様々な症状があらわれますし愛犬や愛猫にとって消して良い物ではないので、適切に駆除していくことが必要不可欠です。

 

ノミダニ駆除というと、1匹ずつ潰したり取り除いたりといった非常に大変なイメージをする人もいます

現在は駆除薬も多数あり、駆除薬を使うだけで簡単にほぼ完ぺきな駆除が可能となっていいます。

更に、駆除薬には駆除だけでなくノミやダニの寄生予防に対して効果を発揮するため駆除だけでなく予防にも使われています。

 

人気のノミダニ駆除薬のネクスガード

ペットの画像ノミダニを駆除するためのお薬として多くの人に利用されているのがネクスガードと呼ばれる薬です。

テレビCMなどで放映されているため、その知名度は非常に高く多くの人に利用されているのです。

実際にネクスガードは非常に高い安全性と共に、高いノミダニ駆除効果を持っているため、非常にメリットの多い駆除薬と言えます。

 

ネクスガードにはノミダニに効果のあるネクスガード以外に、フィラリア予防の効果を兼ね備えたネクスガードスペクトラと呼ばれる種類もあります。

どちらもノミダニに対して効果を発揮してくれますが、フィラリア予防を持つタイプは動物病院で処方してもらう必要があるため、手に入れるのが少々大変です。

 

しかし、ネクスガードであれば通販などでも簡単に手に入れることができるので、気軽にノミダニ駆除を行いたいという場合にはネクスガードがオススメです。

 

どうしてノミダニ駆除をする必要があるのか?

ノミダニに寄生された場合、強い痒みが出てしまい痒みを取り除くために掻きむしることで最終的に皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

結果、皮膚が避けて血が出るなんて言うことも。そうなると、負傷した皮膚から別の病原菌が感染してしまい、二次感染で更に症状が悪化するという一途をたどるケースも。

当然、そうしている間も、ノミやダニは増殖し続けるため根治させることが非常に困難になっていきます。

そうした最悪の状況を避けるためには、適切に駆除することが必要になります。

ノミダニの被害は犬猫だけではない。

ペットの画像ノミダニの被害は犬や猫に対してだけでなく、人に対しても及びます。

ノミの場合は、疥癬や猫ひっかき病、瓜実条虫(サナダムシ)や回虫の寄生などがあります。

ダニの場合は、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)、日本紅斑熱、ツツガムシ病、ライム病などがあります。

どの感染症も適切な治療によって、完治させることは可能ですがダニから感染する可能性があるSFTSは国内でも死亡例が数例上がっているような死に至るリスクがある感染症です。

そのため、愛するペットがノミやダニに寄生されているような場合は、適切に駆除を行いそれ以上の被害が広がらないように気をつける必要があります。

 

適切に駆除を行わず、気が付かないうちに怖い感染症に飼い主まで感染してしまい取り返しのつかない事態になってしまわないように気をつけましょう。

 

ノミダニ駆除薬のネクスガードは簡単に手に入る

通販ユーザーの画像ノミダニの駆除に効果を発揮してくれるネクスガードを手に入れる方法は複数あります。

動物病院で手に入れるというのがこれまでの一般的な方法でした。

しかし、現在では動物病院で手に入れる以外にも通販で購入するといった方法があります

 

そこでここからは、ネクスガードを動物病院で購入する場合と通販で購入する場合の違いやそれぞれのメリットやデメリットについて紹介していきます。

病院で購入する場合のメリットやデメリットは?

先ずは病院でネクスガードを購入する場合のメリットやデメリットを見てみましょう。

多くの場合にいえるメリットやデメリットというのが以下になります。

・医師の説明を受けられる

・診察費用や検査費用が必要になるため価格面で高くなりがち

・投与をお願いできる

・診察時間が決まっているため時間的な制限がある

・検査結果などから治療薬を判断してもらえる

上記のように、費用面が高く時間的な制限があったりするものの、獣医という専門家に治療薬の選定や投与の可否を判断してもらう事ができます。

また、治療薬やネクスガードなどの詳しい説明を受けることができるので、安心して投与できるというメリットもあります。

 

通販で購入する場合のメリットやデメリットは?

一方、通販で購入する場合のメリットやデメリットとしては

・ネットで注文することが可能

・手元に届くまでに時間がかかる

・時間的な制約がない

・投与は全て自己責任となる

・治療薬に関する説明などは全て自分で調べる必要がある

・費用は治療薬の価格と送料のみ

・ジェネリックも多数取り扱っている

上記のようになります。

通販の場合、使用に関する部分で薬の用法用量などは全て自分で調べる必要があり、副作用などがあった場合なども全て自己責任となってしまいます。また、注文から商品が手元に届くまでに時間がかかってしまいます

しかし、診察時間のような時間的な制限はなく、病院まで足を運ぶといった手間もかからないため忙しい方の強い味方となってくれるでしょう。

また、費用面に関しても病院では診察費用や検査費用などが必要になるのに対し、通販では商品代金と送料のみでよくなるので費用負担も軽減されます。

最近は、まとめ買いしたりすることで送料が無料になったりする通販も増えているので、純粋な薬の代金だけになって費用負担が更に抑えられることも。

また、通販では現在処方されている薬のジェネリックを取り扱っている場合もあります。

使う薬をジェネリックに変えることで、効果は同じなのに費用は抑えられるようになるので更に費用的な負担を抑えられる場合もあります。

病院と通販のどっちを使えばいいの?

通販ユーザーの画像上記のように、病院で購入する場合でも通販で購入する場合でも、それぞれにメリットやデメリットがあります。

どちらにしてもメリットがあるため、より適したほうを選択するとよいでしょう。

しかし、初めてペットを飼うというような場合では、その判断も難しい場合があります。

 

特に、初めての病気や薬を使うような場合には、病院に通院することをオススメします。

通販では、薬に関する知識や用法用量などを全て自分で調べる必要がありますが、病院であれば全て説明してもらう事ができます。価格面では高くなってしまいますが、ペットの安全のためと考えると良いでしょう。

説明を受けられなかった場合でも、聞くようにすれば説明を受けられます。

 

一度病院で処方してもらった後は、投与の可否や用法用量は既に獣医に判断してもらって説明を受けているので、通販で同じ薬を購入して使うようにすれば安心です。

 

ネクスガードが効果的にノミダニ駆除できる理由とは?

通販ユーザーの画像病院でも通販でも購入できるネクスガードは高いノミダニ駆除効果をもっています。

このノミダニ駆除のメカニズムについて紹介していきます。

 

ネクスガードがノミダニ駆除に対してどうして効果があるのか?

その理由は、配合されている有効成分にあります。

ネクスガードの有効成分にはアフォキソラネルが配合されています。

 

アフォキソラネルは神経伝達物質の作用を阻害し、成分を体内に取り込んだノミやダニが興奮状態を抑えられなくなり死に至ります

また、この神経伝達物質の阻害作用は哺乳類に対しては効果を発揮しないという特徴があるため、アフォキソラネルを投与する犬に対して神経伝達物質の阻害作用は発揮されません

 

この効果は、投与後30分で発揮され始めスピーディなノミダニ駆除が可能となっています。

効果発揮までの時間が早いためノミが寄生してから産卵するまでに完全な駆除を実現することも可能です。

ダニに関しても、48時間以内に駆除が可能という試験結果も出ています

長い効果時間を有するネクスガード

ネクスガードは効果を発揮するまでの時間が短いというほかに、1か月という非常に長い効果時間を持っていることも特徴の一つとなっています。

効果発揮までの時間が短いなら長い効果は必要ないと考える方もいるでしょうが、そういうわけではありません。

ノミやダニの寄生に気が付かないというケースもあるため、寄生に気づいたときには既に産卵が終わって増えてしまっているというケースもあります。

 

そうした時は、この長い効果時間が役立ってくれます。

1か月効果が持続するので、産卵から羽化したノミが再び寄生して吸血するとネクスガードの効果によって死に至ります。

そのため、スピーディな駆除効果で産卵前に駆除することも、産卵されていたとしても長い効果時間で羽化したノミに対しても効果を発揮します。

この二つの特徴によって、安全かつ確実なノミダニ駆除が可能です。

 

非常に高い効果を持つからこそ心配な副作用について

ノミダニ駆除に対して非常に高い効果を持つことは、ノミダニ駆除という観点においては非常に良い事です。

しかし、それだけ高い効果を持っているっていうことはその分だけ強いお薬でペットの体への負担が大きかったり、副作用が強いのでは?と考える方もいます。

 

ネクスガードにも副作用はあります。

副作用の症状として多いのは、嘔吐や皮膚の乾燥、下痢などです。

アメリカで行われた副作用の臨床試験では、400頭以上にネクスガードを投与し、副作用の各症状が現れたのはそれぞれ20頭未満という結果となっています。

割合でみると4%程度であり、副作用に悩まされるケースというのは非常に稀といえます。

また、副作用が重篤化し死に至ると異様なケースは研究では観測されておらず、安心してネクスガードを使ってノミダニ駆除して頂けるようになっています。

 

ネクスガードを使う上での注意点

ペットの画像ノミダニに対して高い効果を発揮してくれるネクスガードですが、気をつけるべきポイントもあります。

そのポイントは、フィラリアに対して効果はないという事

フィラリアは犬猫に寄生する寄生虫で、寄生されてしまうと治療が困難であるため予防することが必須となっています。

そんなフィラリアの予防はネクスガードではできません

しかし、前述のとおりフィラリア予防にも効果を持っているネクスガードもあります。

それがネクスガードスペクトラです。

ネクスガードスペクトラは、ノミダニだけでなくフィラリアに対する予防効果をもつオールインワン薬です。

 

フィラリア予防と一緒にノミダニ駆除も行いたいと考えた時は、ネクスガードではなくネクスガードスペクトラを選択するというのも一つの手です。

 

室内飼育でも注意が必要なノミ・ダニ対策

ペットを飼育する環境は家庭によってさまざま。

室内飼育している家庭もあれば、屋外飼育してる家庭もあります。

ノミやダニの寄生は屋外で起きることが基本になるので、うちは室内飼育だからノミダニに寄生される心配はないと考えられる方もいるでしょう。

 

しかし、ノミダニが寄生する可能性は室内飼育の場合でもゼロではありません

特に犬の場合は、散歩のタイミングで草むら、河川など様々な場所で寄生される可能性があります。

そのため、室内飼育だから大丈夫というわけではないので適切にノミダニの駆除法などの対策を把握しておくことが重要です。

 

予防にも使えるネクスガード

通販ユーザーの画像ネクスガードはその長い効果時間から、予防的な方法で使うことも可能です。

1か月に1度投与することで、既に寄生して成虫となったノミやダニの駆除を行う事ができ、投与時点で卵や幼虫の状態のノミやダニに対しても成虫へと成長後にネクスガードの効果が作用し駆除することが可能です。

 

特に、ノミは目に見えるものは全体の数%であり、それ以外は卵や幼虫の状態は目で確認することができません。

そのため、ノミに寄生されたときは特に定期的にネクスガードを投与して確実に駆除してあげる必要があります。

 

定期投与も容易なチュアブルだから安心

ネクスガードの画像ノミ・ダニ駆除の為に、1ヶ月に1度といったペースで病院に足を運ぶのは非常に骨が折れます。

愛犬が病院を嫌っている場合はその傾向は強くなります

しかし、ネクスガードは犬が好む牛肉風味が付いたチュアブルタイプのお薬なので、愛犬が自ら進んでネクスガードを欲してくれるので定期的な投与も非常に容易です。

通販で簡単に手に入れることができ、投与に手間もかからないので適切にノミダニの駆除や予防を行うようにしましょう

ネクスガードの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました